• 印刷する

スワンベーカリー、HCM市に2店オープン

ヤマトホールディングスの特例子会社で、障害者の自立や社会参加の支援としてパンの製造・販売などを手掛けるスワン(東京都中央区)は7日、ベトナムに同社初の海外フランチャイズ店「スワンカフェ&ベーカリー」を2店同時にオープンした。同日にホーチミン市1区の「グエンチャイ店」でグランドオープンのセレモニーが開かれた。

障害者の自立を支援するスワンは「スワンカフェ&ベーカリー」の海外初店舗をベトナムにオープンした。7日にグランドオープンの式典を開いた=ホーチミン市

障害者の自立を支援するスワンは「スワンカフェ&ベーカリー」の海外初店舗をベトナムにオープンした。7日にグランドオープンの式典を開いた=ホーチミン市

このほどオープンしたのは、同区レライ通りの「レライ店」の2店。グエンチャイ店の店舗面積は153平方メートル、1~3階に73席を設けている。レロイ店の店舗面積は71平方メートルで、座席数は28席。

販売するパンの原料はすべて日本から輸入している。オープンに先立ち、「アンデルセン」や「リトルマーメイド」を展開するタカキベーカリーが当地で技術指導を行った。

スワンは、配達・配送サービスなどを手掛ける地場365トレーディング・ロジスティクスと加盟店契約を締結し、ベトナムでの開業に至った。2月をめどにパンのデリバリー販売も開始する予定という。

スワンの松本行雄社長はあいさつで、「ヤマトグループと365トレーディングの合弁会社設立の際、365トレーディングのディン・ヴィン・クォン社長がスワンベーカリーを訪れ、経営理念に共感。同氏からベトナムでの開業のオファーを受けた」と経緯を説明した。セレモニーには「ベトちゃんドクちゃん」として親しまれた結合双生児で、日本で分離手術を受けたグエン・ドクさんも出席し「障害者には希望を持って働ける場がとても重要」と、感謝の意とエールを送った。

スワンは1998年に1号店の銀座店をオープン。障害者の雇用の場の提供と経済的自立、社会参加の支援を目的としたパンの製造・販売および、ベーカリーの運営などを手掛けている。現在、日本国内には直営店4店舗と加盟店が23店舗あり、合わせて350人以上の障害者を雇用する。

一方の365トレーディングも、障害がある子どもたちへの奨学金給付や同グループが手掛けるベトナム料理レストランで貧しい人々に昼食を提供する支援などを実施している。

ベトナムの店舗では現在、2人の障害者を雇用。今後も障害者や教育・就職の機会がなかった人たちの雇用を促進する。クォン社長は、まずはホーチミン市を中心に2020年までに10店舗の展開を目指すと話した。

ホーチミン市1区「グエンチャイ店」の店内。材料はすべて日本から輸入している

ホーチミン市1区「グエンチャイ店」の店内。材料はすべて日本から輸入している


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

ゴーベト、ゴジェックにブランド名など統一(07/07)

斗山ビナ、ゲマリンク国際港にクレーン納入(07/07)

東急「ザ・ビュー」サービスアパートを開始(07/07)

韓国製造、ビンスマートへ音響部品を納品(07/07)

香港TTI、HCM裾野産業センターと覚書(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン