彰化沖の洋上風発計画、CIPは継続の意向

彰化県沖での洋上風力発電計画をめぐって、同県沖で計画を進めているデンマークの大手年金基金、コペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)は3日、計画は継続するとの方針を示した。CIPはその上で、「今月中には同県政府から買取価格に関する同意を取り…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中華汽車の21年販売、域内は5万台目標に(19:24)

新型コロナ感染者、1068人に(18:18)

テイクオフ:繁華街を歩くと空き店舗…(04/15)

上場企業の売上高が最高維持 3月記録更新、2Qも好調継続か(04/15)

TSMCの台南工場で停電発生、生産に影響か(04/15)

アジア駐在員家賃、10都市中4都市で低下(04/15)

世芯、売上高予測を最大25%下方修正(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン