• 印刷する

ヤクルト、プラ製ストローの提供を中止

ヤクルトのシンガポール法人、ヤクルト・シンガポールは昨年12月27日、シンガポール国内で販売する乳酸菌飲料に付属するストローの提供を中止すると発表した。

同社の公式フェイスブックによると、「ヤクルト」と「ヤクルト・エース・ライト」のパッケージからプラスチック製のストローを取り除く。

消費者からは、「ストローを一度も使ったことがなかったので、今回の取り組みを評価したい」「ボトル自体も使い捨てのプラスチックなので対策を」といったコメントが寄せられている。

シンガポールでは、昨年6月に米系ファストフードのKFCシンガポールがストローの提供を中止したのを皮切りに、他のファストフードチェーンや南部のカジノ統合型リゾート(IR)リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)などの飲食店でも追随する動きが出ている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン