• 印刷する

《日系進出》ヒューマン、ロボット教室を開設

シンガポールで先行して行われたロボット教室の体験会の様子(ヒューマンHD提供)

シンガポールで先行して行われたロボット教室の体験会の様子(ヒューマンHD提供)

人材・教育・介護事業などを手掛けるヒューマンホールディングス(HD、東京都新宿区)は25日、子ども向けのロボット教室をシンガポールに開設したと発表した。同社にとって東南アジアで初のロボット教室になるという。

中心部にあるタングリン・ショッピングセンターに「KOMABAロボット教室」を24日に開設した。さらに2カ所で教室を開く予定で、シンガポールでは全3教室を展開する計画。タイ、ベトナムでも開設を進めていく。

ヒューマンHDが2009年に展開を開始したヒューマンアカデミーロボット教室では、ロボット製作を通じてプログラミングの基礎を学ぶことができる。日本国内では11月現在、2万2,000人以上の子どもたちが1,300余りの教室で学んでいるという。

日本国外では、台湾と中国本土にも進出済みで、計40教室で500人以上が学んでいる。

ヒューマンHDは、20年までに日本を含む世界10カ国・地域以上でロボット教室を展開することを目標に掲げている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: IT・通信サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

不動産グオコ、2千億円事業の概要発表(15:35)

中国の自転車シェアofo、事業免許剥奪(15:35)

テイクオフ:ギャンブル依存症は恐ろ…(04/23)

乗用車の新規車両登録15%増 1~3月、上位メーカーけん引(04/23)

農産物流通スタートアップ、資金調達を完了(04/23)

不動産キャピタランド、裁量型ファンド始動(04/23)

ファイアフライ、スバン―セレター便を再開(04/23)

スマート公営住宅、第2弾は西部テンガで(04/23)

仮設足場ダイサン、3社買収で初の海外進出(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン