• 印刷する

地場チャイチャイ、中国社とポイペト開発

カンボジアのチャイチャイ・インベストメントは21日、中国・上海国致集団と北西部バンテイメンチェイ州ポイペトで経済特区(SEZ)を開発することで合意した。クメール・タイムズ(電子版)が25日伝えた。

関係者によると、商業区画と工場の建設に2億米ドル(約220億円)を投資する。バンテイメンチェイ州のオウ・レットレイ副知事は「投資の拡大と雇用の創出に貢献し、隣接するタイへの出稼ぎ労働の縮小につながる」と述べた。

ポイペトには、日系企業が集まるSANCOポイペトSEZがあるほか、首都プノンペンで国内最大規模のSEZを運営するプノンペン経済特区社(PPSP)も、SEZを開発している。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

租税総局、今後5年で税務サービス強化(18:01)

ANZ銀買収がずれ込み Jトラスト、9月までに完了(05/20)

外為GCGの幹部逮捕、首相画像を無断掲載(05/20)

首都政府、排水溝へのごみ捨てに警鐘(05/20)

中国ギャング集団、動画は冗談=大使館(05/20)

外国人観光客、1~3月は10%増(05/20)

カンポット産コショウ、生産量90トンに(05/20)

サムレンシー氏、扇動・国王侮辱で有罪(05/20)

地雷・不発弾の被害者急増、1~4月は47人(05/20)

韓国全州産のナシ、対越輸出額が100倍に(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン