• 印刷する

《日系進出》日本プラスト、ビンフック省に子会社

自動車用樹脂部品メーカーの日本プラスト(静岡県富士宮市)は、19日に開催した取締役会でベトナムに子会社を設立することを決議したと発表した。北部ビンフック省で2020年4月の操業予定。

子会社名は「日本プラスト・ベトナム」で、19年3月の設立を予定している。資本金は1,500万米ドル(約16億8,800万円)で同社が100%出資する。自動車用のステアリングホイール、エアバッグモジュールおよび内外装樹脂部品などを製造・販売する。

同社グループの東南アジア諸国連合(ASEAN)地域における製造会社はタイとインドネシアに続く3社目となる。日本とASEAN地域における各種部品の価格競争力向上と生産能力の拡充を図る。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

日系の18年昇給率、平均7.9% 金融が最大、19年は7.4%の計画(01/23)

ジェトロの日本企業講座、貿易大の48人修了(01/23)

シンガポールの配車アプリ、越で供与開始(01/23)

グラブとマクドナルド、配達で戦略提携(01/23)

双日、フーアンタン工業団地をお披露目(01/23)

FPTリテール、18年は20%増益(01/23)

ベトナム国境の市場は4月開業、商業省(01/23)

デジタルコンテンツ、18年の売上は9億ドル(01/23)

外国人7万人摘発、不正な身分証保有で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン