• 印刷する

《日系進出》日本プラスト、ビンフック省に子会社

自動車用樹脂部品メーカーの日本プラスト(静岡県富士宮市)は、19日に開催した取締役会でベトナムに子会社を設立することを決議したと発表した。北部ビンフック省で2020年4月の操業予定。

子会社名は「日本プラスト・ベトナム」で、19年3月の設立を予定している。資本金は1,500万米ドル(約16億8,800万円)で同社が100%出資する。自動車用のステアリングホイール、エアバッグモジュールおよび内外装樹脂部品などを製造・販売する。

同社グループの東南アジア諸国連合(ASEAN)地域における製造会社はタイとインドネシアに続く3社目となる。日本とASEAN地域における各種部品の価格競争力向上と生産能力の拡充を図る。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

カギは「教育」と「評価」 越で深刻化する人材不足(上)(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

エアアジア、ベトナムでの合弁設立を見送り(04/19)

HCM市、立ち退き補償の期間規定を提案(04/19)

ABB、ダナンのスマートシティー化で覚書(04/19)

韓国の電子部品メーカー、越で機械設備取得(04/19)

FPT、1~3月は2割の増収増益(04/19)

ビングループ、AI研究所を開設(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

フエにスマートシティー、事業費2200万ドル(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン