• 印刷する

《日系進出》日本プラスト、ビンフック省に子会社

自動車用樹脂部品メーカーの日本プラスト(静岡県富士宮市)は、19日に開催した取締役会でベトナムに子会社を設立することを決議したと発表した。北部ビンフック省で2020年4月の操業予定。

子会社名は「日本プラスト・ベトナム」で、19年3月の設立を予定している。資本金は1,500万米ドル(約16億8,800万円)で同社が100%出資する。自動車用のステアリングホイール、エアバッグモジュールおよび内外装樹脂部品などを製造・販売する。

同社グループの東南アジア諸国連合(ASEAN)地域における製造会社はタイとインドネシアに続く3社目となる。日本とASEAN地域における各種部品の価格競争力向上と生産能力の拡充を図る。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

ホンダ、19年の二輪市場でシェア79%(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

19年の自動車輸入、前年比69%増(01/20)

運輸省、2空港の滑走路改修の財源に3案(01/20)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/20)

ベトジェット、ダラット―ソウル線就航(01/20)

韓越の鉄道機関、技術協力拡大で提携(01/20)

CCG、チャビンで工業団地造成と風力発電(01/20)

PVパワー、LNG発電2件の資金調達急ぐ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン