【法律講座Q&A】知財侵害行為の差止 第636回

Q:中国では知財侵害行為に対して行政上の手段で停止等の制限をかけるというルートが一般的であると聞きましたが、法院(裁判所)に訴え出て司法的に差止をすることはできないのでしょうか? A:ご指摘の通り、中国では知財侵害行為に対する対抗策として行政ルートを模索するこ…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、中国の電子書籍大手と提携(18:04)

ネット通販「618」セール、宅配便31.9億件(18:59)

【米中摩擦】製造業の31%が「生産拡大」 NNA、566社にアンケート実施(06/24)

テイクオフ:米中貿易戦争などによる…(06/24)

鉄鋼業界に世界再編の波、中国が競争力強化図る(06/24)

スパコン5社が制裁対象 米商務省、華為に続き取引制限(06/24)

IPS宮下代表「マニラ注力で食い込む」(06/24)

シアヌークビル特区から米へ迂回輸出か(06/24)

中国開発大手、カラワンで工業団地の起工式(06/24)

今年のCPI上昇率2.4%前後、発改委予測(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン