• 印刷する

BJCがコーヒー店買収、5年で1千店に

タイの大手財閥TCCグループの総合商社バーリ・ユッカー(BJC)は、傘下のBJCメガ・マーケット(BJMM)を通じ、北部チェンマイ拠点のコーヒーチェーン、ワウィーコーヒーを買収したと発表した。18日付プーチャッカーンが報じた。

タイ国内では向こう3~5年で約20億バーツ(約69億円)を投じ、計1,000店を展開する。現在の店舗数はチェンマイを中心に約20店舗。来年はロゴやブランドイメージを刷新して80店を増設し、計100店とする。

店舗は売り場面積100平方メートル超の旗艦店、40~80平方メートルの中型店、20平方メートルの小型店を用意。小型店を中心に増設する。コーヒーの販売価格は米系スターバックスより30%ほど安い水準に設定。傘下のハイパーマーケット(大型小売店)「ビッグC」のラチャダムリ店に旗艦店を設置した。

海外では来年にBJCが事業を展開しているラオスとカンボジアで出店を開始する。ラオスのコンビニエンスストア「Мポイント・マート」などに出店し、両国で年商1億~2億バーツを目指す。


関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

オレンジライン、3月に落札者決定見通し(18:49)

サイアムバイオ、ワクチン生産の批判に声明(18:49)

テイクオフ:タイでは原則禁止されて…(01/26)

新車販売、21%減の79万台 21年は回復もコロナ前下回る予想(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

2020年12月のタイの新車販売台数(表)(01/26)

市中感染177人、死者2人(25日)(01/26)

10~12月期のコメ輸出、中国向けが7割超(01/26)

首都モノレール2路線、7月の試験運行延期(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン