• 印刷する

海外で働く台湾人、17年は73.6万人で過去最多に

台湾の行政院主計総処(統計局)が17日に発表した統計によると、2017年時点の海外で就業中の台湾人の数は前年比8,000人増の73万6,000人で過去最多を更新した。就業先を国・地域別に見ると、中国(香港・マカオ含む)が40万5,000人で最も多く、全体の55.0%を占めた。

統計は、戸籍や出入国記録のほか、労工保険年金(労保年金)や全民健康保険(日本の国民健康保険に相当)の登録データを参考に推計している。

中国の次に多かったのは、東南アジアで10万9,000人(全体の14.8%、以下同)。米国は10万1,000人(13.7%)で、その他の地域は12万1.000人(16.5%)だった。中国と東南アジアは前年比2,000人減った一方、米国は2,000人増えた。

年齢別では30~49歳が前年比7,000人増の35万8,000人(48.6%)で最多。30歳未満は前年比1,000人増の14万7,000人(20.0%)で、12年から増加傾向が続く。50歳以上は23万1,000人で、こちらも前年比1,000人増えた。

男女別では、男性が40万6,000人(55.1%)で、女性が33万人(44.9%)。前年比では男性が3,000人、女性が5,000人それぞれ増えた。中国と東南アジアでは男性がそれぞれ65.1%、54.0%を占め多数派となる一方、米国とその他の地域では、女性がそれぞれ60.7%と64.2%を占めた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

中華航空スト収束、労使合意 既に職場復帰準備、欠航も解消へ(02/15)

ASUS、19年台湾スマホシェア13%目標(02/15)

デルタ、台湾高鉄のPISシステム受注(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

日月光控股、1月売上高は前月比10.5%減(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

科技部、人工衛星を毎年1基打ち上げへ(02/15)

中鋼董事長、19年は「前年と同様に好成績も」(02/15)

台プラ4社の1月売上高、台塑が前年同月比増収(02/15)

18年の農産品輸出、20年来の最高に(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン