EV充電規格、日本式も採用 インフラ投資が活発化の兆し

電気自動車(EV)の普及を目指すインド政府は14日、バッテリーの急速充電方式に日本と欧州の規格を採用すると発表した。インドでは完成車メーカーが来年から相次ぎEVモデルを投入する予定で、充電規格の世界標準を目指す日本は勢力拡大に向け大きな足がかりを得たことになる。…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:暑さを逃れて、シムラや…(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

スマホのEC出荷、過去最高 ECと店舗で出荷のバランス探る(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

シャオミ下請けホリテック、印北部に工場(06/17)

Rジオ、売上高で初めて国内2位に(06/17)

エア・ウォーター、印の産業ガス事業取得(06/17)

大和エナジー、洋上太陽光企業に出資(06/17)

自動車販売店の低迷続く、二輪は在庫が拡大(06/17)

伊ピアッジオ、電動三輪車を年内に発売(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン