EV充電規格、日本式も採用 インフラ投資が活発化の兆し

電気自動車(EV)の普及を目指すインド政府は14日、バッテリーの急速充電方式に日本と欧州の規格を採用すると発表した。インドでは完成車メーカーが来年から相次ぎEVモデルを投入する予定で、充電規格の世界標準を目指す日本は勢力拡大に向け大きな足がかりを得たことになる。…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(09:38)

新規オフィス入居が活発化 前年比17%増、過去8年で最高に(02/15)

米KKR、南部のオフィス整備に72億ルピー(02/15)

ボルボ、19年後半にPHVの組み立て生産(02/15)

米フォード、プネで相乗りサービスを開始(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

ホイールのマキシオン、タタ乗用車向け受注(02/15)

発動機キルロスカ、設備投資に15億ルピー(02/15)

印独合弁の窓枠大手、テランガナで工場稼働(02/15)

蓄電池アマララジャ、10~12月は2%減益(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン