• 印刷する

米自動車への追加関税停止、3月末まで

中国国務院(中央政府)関税税則委員会は14日、米国から輸入する自動車に課している追加関税を来年1月1日から3月31日までの期間、停止すると発表した。今月1日にアルゼンチンで行われた米中首脳会談での合意事項に沿った措置。

対象品目は完成車や自動車部品など関税番号ベースで211品目。これら品目には5~25%の追加関税が課せられていた。中国は7月1日から完成車の輸入関税を15%に引き下げる一方、米国車へは7月6日から25%の追加関税を課していた。これにより米国車への関税は合計40%となっていたが、来年からは他国産と同様、15%の税率となる。

関税税則委員会は、「中米双方が首脳会談での共通認識に沿って、すべての追加関税を取り消すことに向けて協議を加速させていくことを希望する」との声明も発表している。

追加関税が停止される品目のリストなど詳細は財政省のウェブサイト<http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201812/t20181214_3093439.html>で閲覧できる。

■テスラが値下げ

ネットメディアの澎湃新聞によると、米電気自動車(EV)大手のテスラは中国での販売価格を一部モデルで引き下げた。「モデルS 75D」は従来78万2,900元(約1,280万円)だったが、約5%値下げして74万2,300元となった。「モデルS 100D」は95万4,600元から84万9,600元へと約11%値下げした。中国の関税引き下げ決定に合わせた値下げとみられる。


関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

「デモの経済影響小さい」 著名学者、基盤安定を強調(06/18)

テイクオフ:ドラゴンボートレースは…(06/18)

訪台中国人観光客が大幅回復 ビザ条件緩和が奏功、5月82%増(06/18)

MINISOが100店舗突破 売上40億ルピーへ、ECにも進出(06/18)

レアアース規制「策定中」 発改委、対米輸出規制を再度示唆(06/18)

中国人のコンド需要半減、バーツ高が影響(06/18)

首都で来月、中国製電気バスの試験走行開始(06/18)

「中国が林鄭行政長官に疑義」、海外報道(06/18)

滬倫通が稼働、華泰証券GDRが上場第1号(06/18)

今年の偽物対策、外資保護など6方面で推進(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン