• 印刷する

《日系進出》シャトレーゼがハノイに1号店、元日に開店

来年1月1日のオープンに向けて準備が進められているシャトレーゼのベトナム1号店=15日、ハノイ

来年1月1日のオープンに向けて準備が進められているシャトレーゼのベトナム1号店=15日、ハノイ

菓子製造・販売のシャトレーゼ(山梨県甲府市)が、来年1月1日にハノイにベトナム1号店をオープンする。海外展開は9カ国・地域となる。来年春ごろにはホーチミン市にも出店する予定で、向こう5年で150店の出店を計画している。

ベトナム1号店はフランチャイズ(FC)店で、商業施設「イオンモール・ロンビエン」にオープンする。店舗入り口近くにあったコーヒーチェーン、ツイッター・ビーンズ・コーヒーの跡地に入居する。同社の広報担当者は14日、NNAに対して、「アッパーミドル層(富裕層と上位中間層)をターゲットにする」と説明。「ケーキや洋菓子、焼き菓子、和菓子、アイスクリーム、チョコレートなど約200アイテムを取り扱う」とした。

ベトナム1号店をハノイに出店する理由は、「立地や条件などを検討した結果、出店に適していたため」(同広報担当者)。来年春ごろに予定するホーチミン市の出店場所は、現時点で未定という。

シャトレーゼは、日本国内のほか、韓国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、アラブ首長国連邦(UAE)に出店している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(16:12)

IT産業、20年に需要40万人 越で深刻化する人材不足(下)(04/22)

人材L&A、VCCIと人材ワークショップ(04/22)

ヤマハ、新スクーター「フリーゴー」発売へ(04/22)

ベトナム港湾の貨物取扱量、1Qは7%増(04/22)

ホーチャム開発、さらに5年の延期か(04/22)

神鋼環境、製紙工場向け排水処理施設を受注(04/22)

下水料金改定案、大口は値上げ=財務省(04/22)

燃料と電力の価格上昇、4月の物価押し上げ(04/22)

バンフォン火力発電所に12億ドル=JBIC(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン