• 印刷する

セルラーV2X用端末機、KTが韓国初開発

韓国の通信大手KTは14日、韓国で初めてセルラーV2X(C―V2X)の商用化技術の開発に成功したと発表した。韓国の中小企業ITテレコムと協力し、自動車に搭載する端末機を開発したという。

セルラーV2Xは、車両間通信(V2V)、車両インフラ間通信(V2I)、車両歩行者間通信(V2P)など、車両と周辺のさまざまなものの通信を実現する技術。今回開発した端末機は試作品の段階で、これから自動運転車に搭載し技術検証を行う。ソウルなど3地域で実施する予定だ。

KTは第5世代(5G)移動通信を活用したV2X用の端末機の開発も進めている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国で自動車の購入を考…(07/24)

日韓関係が企業に影響、CM中止や航空便運休も(07/24)

日本製品不買、観光に拡散 長期化なら韓国にも悪影響(07/24)

EV充電網に広がり 官民で推進、1千カ所の大型整備も(07/24)

WTOで「しっかり説明」、対韓輸出規制で(07/24)

現代自、傘下起亜の工場での生産検討(07/24)

ソフトバンク系がAI企業支援のファンド(07/24)

LG化学、慶尚北道に正極材工場を設立(07/24)

中国が反ダンピング税適用、ステンレス鋼に(07/24)

サムスンのAS子会社、全国でスト(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン