• 印刷する

【18年の10大ニュース】「世界の工場」へ自信深める

例年出足が鈍いベトナムの経済成長率は、2018年は第1四半期(1~3月)から7.45%、6.79%、6.88%と予想を上回るペースで推移し、通年では7.08%の成長を実現した。携帯電話や繊維、履物といった「伝統産業」の輸出が好調なほか、出光興産が三井化学などと合弁でベトナム北中部タインホア省に建設したギソン(ニソン)製油所が商業運転を開始するなど、「世界の工場」としての自信を政府が深め、国外からも期待が高まっていることが感じられる。

18年末には環太平洋連携協定(CPTPP)が発効し、19年には欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)の発効も確実視される。一方で、不安視されていた米中貿易戦争の影響でも、ベトナム経済にはむしろプラスに働く側面が大きいと見られるなど、18年を通じて楽観的なムードが支配的だった。19年は世界経済の減速が予想されており、特に米中への貿易依存度が大きいベトナムには、両大国の市況や動向は気になるところ。グローバル経済が低調になったとしても、ベトナムが従来通りの力強い成長を実現できるのか。「地力」が試される1年になる。

「世界の工場」としての自信を深めるベトナムにとって、19年は経済の「地力」を試される年になりそうだ(Vu Sinh/VNA=NNA)

「世界の工場」としての自信を深めるベトナムにとって、19年は経済の「地力」を試される年になりそうだ(Vu Sinh/VNA=NNA)

【第1位】TPP発効、EUとのFTAも間近

【第2位】米中対立、漁夫の利に期待と不安

【第3位】経済好調、通年で7%台を達成

【第4位】ビンGが初の国産車披露、スマホも発表

【第5位】完成車の輸入制限、業界に激震

【第6位】外国直接投資、日本が2年連続首位

【第7位】書記長が国家主席兼務、クアン氏死去で

【第8位】サイバー法、施行を前に懸念の声

【第9位】特別経済区法案、反中デモ呼び断念

【第10位】グラブ、対抗馬や法改正など話題

【番外編】サッカー大盛り上がり、国民が熱狂


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(16:12)

IT産業、20年に需要40万人 越で深刻化する人材不足(下)(04/22)

人材L&A、VCCIと人材ワークショップ(04/22)

ヤマハ、新スクーター「フリーゴー」発売へ(04/22)

ベトナム港湾の貨物取扱量、1Qは7%増(04/22)

ホーチャム開発、さらに5年の延期か(04/22)

神鋼環境、製紙工場向け排水処理施設を受注(04/22)

下水料金改定案、大口は値上げ=財務省(04/22)

燃料と電力の価格上昇、4月の物価押し上げ(04/22)

バンフォン火力発電所に12億ドル=JBIC(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン