• 印刷する

テイクオフ:バンコクでは店によって…

バンコクでは店によって「プラスチック袋は必要ですか」と聞かれるようになった。8月以降に地場流通大手がレジ袋の削減キャンペーンを打ち出し、生分解する袋やストローへの切り替え、袋の有料化も一部で進む。後年に2018年を振り返った時、タイの「プラごみ削減元年」だったと言えるといい。

とはいえ生分解は自然の力で処理できるため、削減の取り組みとしては受け身な感じが少々気になる。土中では半年で生分解するストローが、自宅の水槽に入って4カ月。少しずつふやけているが、完全な分解にはほど遠く、自主的な削減意識にはかなわない。

問題は誰のためにプラごみを減らそうと訴えれば効果的なのかだ。子や孫、海洋生物、地球のため。先日、米系企業はプミポン前国王のために禁煙を呼び掛けるキャンペーンを展開。意表を突かれたがやはりそうなのだろうか。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタがカローラSUV発売 世界初、月間1400台の販売目指す(07/10)

テイクオフ:5月末から新型コロナの…(07/10)

マツダ、クロスオーバーSUVで販売首位(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

中国のタイヤ大手山東リンロン、生産増強(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

屋根置き太陽光、買取価格引き上げなら拡大(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン