• 印刷する

ブランジスタ、EC事業のカフェ24と提携

電子雑誌事業などを手掛けるブランジスタ(東京都渋谷区)は6日、電子商取引(EC)プラットフォームを運営する韓国企業、カフェ24と業務提携を結んだと発表した。日本のEC事業者への支援サービスを強化する。

ブランジスタは、ネットショップの開業を目指す企業がカフェ24のサービスを利用するように支援する。カフェ24は、多言語の通販サイトを事業者向けに無料開設する一方、ECビジネスに必要な決済手段やマーケティング、配送、運営代行などのサービスは手数料を取るというビジネスモデルを韓国で確立しており、今年から日本進出を本格化している。

カフェ24のサービスを利用する企業には、自社の在庫一元管理システム「まとまるEC店長」などの自社サービスを有料で提供する。

ブラジスタはさらに、自社サービスを利用している顧客がカフェ24のサービスを利用して商材を海外でも販売できるように支援する。顧客企業が販売している商材の売上高を合わせると年間で数百億円規模になるという。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「魔法の足袋」を買いた…(03/19)

サムスン、スマホ市場で独走 シェア4割確保で東南アジア最大(03/19)

サムスンとLG、パネル市場でシェア縮小(03/19)

2月輸出額11.4%減、半導体不振=確定値(03/19)

2月の輸入物価指数3.6%上昇、韓国銀行(03/19)

出前アプリ市場、20年に3800万ドル規模へ(03/19)

現代自動車、部長までの役職を統廃合(03/19)

大気汚染による経済損失、18年は4千億円(03/19)

韓国企業、ダナンでスマート都市開発を提案(03/19)

新韓金融持ち株、AI投資顧問会社を設立(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン