• 印刷する

MPTがヤンゴンなどで光通信地区を拡大

KDDIと住友商事が支援する携帯電話サービス最大手の国営ミャンマー郵電公社(MPT)は4日、家庭向け光ファイバー通信(FTTH)サービスの提供地域を、最大都市ヤンゴンや第2の都市マンダレー、北東部シャン州タウンジーなどで拡大すると発表した。

新たにFTTHサービスの利用が可能になるのは、ヤンゴンのアーロンなど6郡区と、マンダレーのアウン・ミャイ・タ・ザン郡区、シャン州タウンジーの全域。

利用料は、通信速度が10メガビット毎秒(Mbps)の回線で月3万9,000チャット(約2,870円)、50Mbpsは同10万9,000チャット。

今年12月~来年1月にサービスの利用を申し込んだ人は、設置費用が無料となり、抽選でスマートテレビやMPTの携帯電話のポイントサービスが当たる特典の対象になる。

MPTとKDDI、住友商事の共同事業体MPT―KDDIサミット・グローバル・ミャンマー(MPT―KSGM)の広報担当者は、「来年はサービス提供地域をさらに拡大する」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

グラブが国営会社と保険提供 運転手と乗客向け、チャブが協力(06/20)

商業省、酒類の輸入規制緩和を検討(06/20)

電力需要が予想超え、供給不足に懸念も(06/20)

KBZ、米ヒューズの衛星通信システム導入(06/20)

国営航空、赤字続きで再編必要=公会計委(06/20)

タイのイチタン、ダゴンとエナジー飲料発売(06/20)

民主活動家の新党、NLDと初会合(06/20)

スー・チー氏が74歳に、NLDが記念植樹(06/20)

難民・避難民7千万人超す、国連発表(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン