• 印刷する

みずほ、深セン清華大とスタートアップ支援

みずほ銀行は5日、深セン清華大学研究院と、日本と中国のスタートアップ企業の事業成長支援に関する業務協力覚書を4日に締結したと発表した。

同行は今回の覚書締結により、スタートアップ企業への投資促進、事業デモイベントへの参加、日中のスタートアップ企業の相互紹介など、日中スタートアップ企業の事業成長を支援していく。

深セン清華大学研究院は、1996年12月に深セン市政府と清華大学が共同出資して設立した研究機関。中国南部での技術促進による経済・社会の発展を担うほか、ハイテク関連の上場企業や人材の育成を担う拠点として位置付けられている。


関連国・地域: 中国-深セン日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1月CPIは1.7%上昇、伸び率0.2P縮小(02/15)

マハティール首相、国交45周年で4月訪中(02/15)

日本にもチャンス、アフリカ開銀がセミナー(09:38)

地方政府が競って中小支援策 融資に減税、中央の方針受け(02/15)

1月の貿易4%増、プラス成長に転じる(02/15)

中国、教育などに766万ドル支援(02/15)

香港航空がNZ路線撤退、北京便は増便(02/15)

米中協議、60日延長検討か(02/15)

ササ、春節の香港マカオ市場は4.8%減収(02/15)

海外からの対中投資、1月は4.8%増(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン