• 印刷する

テイクオフ:5日は、プミポン前国王…

5日は、プミポン前国王の誕生日で、タイの父の日だった。マンションのロビーには前国王の肖像画が飾られ、通りがかる住人は皆立ち止まり手を合わせていた。百貨店では父の日セールが開催され、スーパーでは祝賀のギフトセットが売られていた。町中では、前国王のシンボルカラーである黄色の服をまとった人の姿が見受けられた。

思えば2017年初頭にタイを訪れた際、国中が喪に服している空気を肌で感じた。今はもう、その空気を感じない。タイに赴任するまでは分からなかったが、今はタイ人にとって前国王がいかに偉大な存在であるかが分かる。

日常生活でも感じるが、この国の人は皆ポジティブで前向きだ。東京では感じることのない底抜けの明るさである。この日、亡くなった前国王を偲ぶタイ人の姿に、支柱となるような存在を失ってもなお前進する彼らの気高さを感じた。(齋)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

EEC政策などは継続=ソムキット副首相(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン