• 印刷する

工業省、民間水道業者に免許剥奪を警告

カンボジア工業・手工芸省は、民間の水道会社に対し、上水網の整備を加速しない場合は事業免許を剥奪すると警告した。クメール・タイムズ(電子版)、プノンペン・ポスト(電子版)が4日伝えた。

工業・手工芸省は、これまでに240の民間水道会社に事業免許を付与。公営の13社と合わせた水道会社が上水の供給を手掛けるが、上水普及率は人口の3割程度にとどまっている。一方、人口増加で2030年には1日当たり100万立方メートルの上水が必要と試算されている。

チャム・プラシット工業・手工芸相は「民間業者が事業を拡大できないなら、来年にも水道会社の免許剥奪手続きを始め、新たな事業者を参入させる」と述べた。

同省は3日、デンマークの大手ポンプメーカー、グルンドフォスと水道網の整備やコスト削減に向けて協力することで合意した。同社は南部タケオ県で水道事業の効率化を図る試験事業に参画している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道政治

その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

次の乾期は電力安定、エネルギー相が予想(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日本法務総研、カンボジアの司法学院と覚書(01/24)

新型コロナウイルス、水際対策の強化要請(01/24)

SBI、車両販売業者への貸付ファンド組成(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

主要3空港の旅客数、19年は10%増(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン