• 印刷する

《日系進出》アルフレッサヘルスケア、事務所開設

医薬品大手のアルフレッサホールディングスはこのほど、子会社で医薬品販売を手掛けるアルフレッサヘルスケア(東京都中央区)が台北市に駐在事務所を開設したと発表した。台湾でドラッグストアを展開する顧客の販促をサポートするほか、同社専売商品の販路拡大を図る。アルフレッサヘルスケアが海外に拠点を設けるのは初めて。

駐在事務所の名称は「日商愛芙楽賽医療保健」で、台北市大同区に設立した。駐在事務所では日本人担当者1人と現地スタッフ1人が業務に当たる。

アルフレッサホールディングスの担当者によると、ドラッグストア関係の顧客が台湾に進出していることを受けて、店頭での販売促進や、事務所ショールームでの商品PRを行うため、駐在事務所を設けることを決めた。このほか、消費者動向調査も手掛ける方針。

台湾駐在事務所の開所式に臨むアルフレッサヘルスケアの長谷部省三会長(左から2人目)、勝木尚社長(中央)ら=台北(アルフレッサホールディングス提供)

台湾駐在事務所の開所式に臨むアルフレッサヘルスケアの長谷部省三会長(左から2人目)、勝木尚社長(中央)ら=台北(アルフレッサホールディングス提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

交通部が武漢便停止を検討、新型肺炎で(13:24)

12月の新規住宅ローン金利、過去最低を記録(13:14)

テイクオフ:「大騒ぎだよ。台湾は大…(01/22)

19年のGDP成長率は2.73% 4Qが好調、回帰投資など追い風(01/22)

「中国生産にまだ優位性」、新金宝董事長(01/22)

英業達の20年売上高、1割超える伸び幅へ(01/22)

PCBの泰鼎国際、タイ第3工場を建設(01/22)

台湾半導体産業、10年で生産額2倍=科技部(01/22)

12月のスマホ販売53万台、前月比16%減に(01/22)

共同声明「一つの中国」支持に台湾反発(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン