• 印刷する

《日系進出》アルフレッサヘルスケア、事務所開設

医薬品大手のアルフレッサホールディングスはこのほど、子会社で医薬品販売を手掛けるアルフレッサヘルスケア(東京都中央区)が台北市に駐在事務所を開設したと発表した。台湾でドラッグストアを展開する顧客の販促をサポートするほか、同社専売商品の販路拡大を図る。アルフレッサヘルスケアが海外に拠点を設けるのは初めて。

駐在事務所の名称は「日商愛芙楽賽医療保健」で、台北市大同区に設立した。駐在事務所では日本人担当者1人と現地スタッフ1人が業務に当たる。

アルフレッサホールディングスの担当者によると、ドラッグストア関係の顧客が台湾に進出していることを受けて、店頭での販売促進や、事務所ショールームでの商品PRを行うため、駐在事務所を設けることを決めた。このほか、消費者動向調査も手掛ける方針。

台湾駐在事務所の開所式に臨むアルフレッサヘルスケアの長谷部省三会長(左から2人目)、勝木尚社長(中央)ら=台北(アルフレッサホールディングス提供)

台湾駐在事務所の開所式に臨むアルフレッサヘルスケアの長谷部省三会長(左から2人目)、勝木尚社長(中央)ら=台北(アルフレッサホールディングス提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系FII、中国で5Gモジュール開発(18:46)

テイクオフ:日本のお盆休みは、台湾…(08/19)

シャープ、台湾市場に全力 アクオスR3を海外初投入(08/19)

致伸科技がタイに子会社、リスク低減へ(08/19)

WAガス田権益入札11月、日本企交え本格化(08/19)

藍天電脳、19年のノートPC出荷130万台か(08/19)

車載LED売上高、億光が世界8位=集邦(08/19)

エイサーのスマート数珠、有名廟とコラボ(08/19)

樺正実業、9行と12億元協調融資契約(08/19)

誠品、海外展開は外部委託を採用へ(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン