• 印刷する

NSW州政府、デジタル運転免許証を導入へ

オーストラリア・ニューサウスウェールズ(NSW)州政府は12月から、シドニー東部に住む運転免許証保持者約14万人に対し、デジタル運転免許証(DDL)システムを導入する。同州政府の行政サービス専用アプリの機能を使えば、運転免許証情報を示すQRコードが表示され、警察当局などは専用読み取り機で確認できる。サンヘラルドが伝えた。

NSW州政府は、2019年前半中に州内全域にDDLを導入する計画。同州ダボで昨年からDDLの試験導入を行っていた。今回DDLの使用を認めるのは、ボンダイやクージー、ランドウィックに居住する運転免許証保持者で、同州政府は、都市部居住者を対象としたトライアルにより改善点などをみつける考えだ。

NSW州のドミネロ金融・サービス・不動産相は、DDLの導入に当たり、DDLが既存の運転免許証よりもセキュリティー面で安全だと主張。DDLの運営システムには、IT企業セキュア・ロジックが開発した、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームを利用しているという。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

豪州、G7へ初の特別参加 今後のG8形成も視野?(08/26)

大林組、共同事業体でNSW建設事業進行中(08/26)

NZ企、豪の住宅市場20%縮小を予想(08/26)

パイプラインAPA、米国で資産買収に本腰(08/26)

東部州、ガス高騰で製造業の危機が深刻化(08/26)

シェルが豪ERM買収、電力小売市場に参入(08/26)

豪が印に石炭売り込み、中国の需要低下で(08/26)

〔ポッサムのつぶやき〕豪の男女賃金格差、性差別が理由の1位(08/26)

フェアワーク委、非労組の労使協定を容認(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン