• 印刷する

観光客にごみ処理料、来年2月導入か

インドネシアの環境・林業省と海事調整省は、観光地の訪問者を対象にごみ処理料を課すことを計画している。料金は外国人が10米ドル(約1,135円)、インドネシア人が1米ドルに設定。来年2月の施行を予定している。2日付テンポ(電子版)などが伝えた。

環境・林業省ごみ処理局のノフリザル局長によると、詳細は調整省と協議中。ホテルの客室料金や施設入場料などに上乗せするかたちでの導入を検討している。バリ島、東ジャワ州バニュワンギ、東ヌサトゥンガラ州フローレス島ラブアンバジョの3観光地で先行して実施するという。

インドネシア科学研究院(LIPI)海洋学研究センターによると、国内の海辺で見つかる1カ月当たりのプラスチックごみは、1平方メートル当たり47グラムに上る。ルフット調整相(海事担当)は「ごみ問題は早急に解決すべき問題」と強調した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(20:30)

小売売上高指数、4月の伸び率は1桁台(20:47)

ジャカルタ、ごみ削減コンテスト実施へ(20:30)

テイクオフ:花が好きな日本人の友人…(06/17)

【この人に聞く】独立系で初の中古車保証 プレミアG、消費者へ周知から(06/17)

DBS銀、ゴジェックとモバイル決済で提携(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

国際帝石、LNG設備建設で基本合意(06/17)

ハラル認証の取得義務、5~7年間の猶予(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン