• 印刷する

MPU、銀聯と提携で国際カードを発行

ミャンマー中央銀行主導の決済機関ミャンマー・ペイメント・ユニオン(MPU)はこのほど、クレジットカード大手の中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)の海外決済部門、銀聯国際(ユニオンペイ・インターナショナル)と提携し、海外で利用可能な「MPU銀聯プラチナムデビットカード」の発行を開始した。ミッジマ(電子版)が伝えた。

カードはミャンマーエイペックス銀行(MAB)と銀聯国際が共同で発行する。MPUのゲイリー・フォン取締役副社長(個人顧客担当)は11月27日に最大都市ヤンゴンで開いた発表式典で、「世界170カ国・地域の店舗での支払いのほか、現金自動預払機(ATM)260万カ所での現金引き出しに使用できる」と説明した。

MABの幹部は「カードの保有者は、海外旅行時の支援サービス、ゴルフやコンサートの予約などの特別サービスを受けることもできる」と説明した。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

仏蒸留酒大手ペルノ、ヨマ合弁に34%出資(15:44)

戦闘の避難民に仮設住宅、カチンで日本財団(11:57)

外国人に株取引を開放へ ヤンゴン証取、活性化に道筋(07/15)

大和証券グループが未上場企業向けファンド(07/15)

チャウピュー深海港、環境影響評価始まる(07/15)

外銀選定のコンサル業務、外資系4社が関心(07/15)

1~6月の査証入国の外国人観光客、33%増(07/15)

通信・製造業への投資関心、16年以降拡大(07/15)

マンダレー王宮の修復事業、7社が関心表明(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン