• 印刷する

中国のHIV感染者、年末で125万人の予想

中国のエイズウイルス(HIV)感染者数は、2018年末時点で約125万人(存命者)となる見通しだ。国家衛生健康委員会(衛健委)によると、世界的に見れば「低度の流行」に該当するレベルという。27日付人民日報が伝えた。

同予想は、中国疾病予防コントロールセンター(CDC)と世界保健機関(WHO)などが共同でまとめたもの。18年9月末までに報告された存命の感染者数は85万人、既に死亡した感染者は累計26万2,000人で、感染率は0.09%となっている。毎年8万人前後が新たに感染しているとみられる。

中国では現在、輸血による感染はほぼ根絶しており、母子感染率も17年は過去最低水準まで低下した。衛健委は今後、HIVの感染抑制や早期発見に努めるとともに、エイズに対する偏見を取り除く活動にも力を入れる方針だ。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

規制サンドボックス、年内に100件以上選定(14:12)

中台勢がテレビ市場席巻、国内大手は高級路線(02/21)

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

テイクオフ:日本から河津桜の便りが…(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

社会福祉サービスを底上げ 中央18省庁が計画、消費にも期待(02/21)

ホンダ英工場21年生産終了、欧州不振で米中注力(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

永久債との手形交換、人民銀が初実施(02/21)

完成車輸入、5カ月連続で1万台突破(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン