• 印刷する

中小企業の機械購入費、政府が3割負担

インドネシア産業省は、中小企業が機械設備を導入する際、費用の20~30%を政府が負担する方針を明らかにした。国営アンタラ通信が28日伝えた。

中小企業局のガティ局長は、自動車産業の中小部品メーカーや販売代理店、大手企業を集めた会合で「中小企業を支援するため、機械購入費用のうち国産機械は30%、輸入機械は20%を政府が負担する」と説明。残りの費用は、低金利の中小企業向け国民事業融資(KUR)などを活用して調達するよう提案した。

ガティ局長は、二輪車・四輪車を合わせた上半期(1~6月)の部品輸入額が前年同期比33%増の20億6,000万米ドル(約2,346億円)だったことを明らかにし、自動車産業内で連携し、輸入依存度を減らすよう要請した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造政治

その他記事

すべての文頭を開く

環境省など、ヤシ農園開発の停止延長を進言(09/24)

国営建設2社に17兆ルピア 追加資本注入を国会が承認(09/24)

四輪販売MPM、中古車販売サイトを開設(09/24)

新車奢侈税減免措置、適用額は計130億円(09/24)

海底送電ケーブル、シンガポール社が投資(09/24)

印ズームカー、カーシェアリングで参入(09/24)

空港での政府アプリ利用、百万回を突破(09/24)

国鉄駅での抗原検査料4.5万ルピアに改定(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン