• 印刷する

豪政府の財政が改善、今年度中の黒字化も

オーストラリア連邦政府の2018/19年度(18年7月~19年6月)の財政が、予算案の予想よりも約90億豪ドル(約7,380億円)改善を示していることが分かった。背景には、堅調な国内経済に伴う法人税収の伸びがある。これにより政府が目標とする19/20年度よりも1年早く、今年度中に財政黒字を達成する可能性も出てきた。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

5月に発表された予算案の予想と比べ、10月末時点の政府の歳入は66億豪ドル多く、歳出は31億豪ドル少なかった。今年度に入って4カ月間の財政赤字は153億豪ドルで、予算案発表時に予想されていた今年度の財政赤字の241億豪ドルを88億豪ドル下回っている。

政府の歳出は通常、新年度の最初に多くなり、年度の後半には税収が増える傾向があることから、今年度の財政がわずかに黒字になる可能性もある。

コーマン金融相は、保守連合(自由党・国民党)が政権に就いた2013年以降の5年間で、労働党政権下で弱体化した国内経済を回復させ、失業率を5%に引き下げるとともに財政の改善を実現してきたと主張している。

ただ、与党内には、経済回復を成し遂げてきた政府に対する有権者の評価が低いことに対するいら立ちもあるようだ。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

親日度調査、「大好き」の割合2位に浮上(04/25)

ラオス・タイ友好橋、開通から25周年(04/24)

テイクオフ:不注意で頭をぶつけ、流…(04/24)

豪政府、小企業ファンド新設 1億$拠出で事業25万件創出へ(04/24)

〔ポッサムのつぶやき〕トランプ大統領訪豪へ、でもゴルフ目当て?(04/24)

労働党、外国人労働者の21%賃上げを公約(04/24)

豪再生エネ業界、1.7万人分の雇用創出(04/24)

豪州の与野党、移民数の削減を公約に(04/24)

シェブロン、WA州のLNG権益売却か(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン