• 印刷する

ブラックフライデー盛況、豪で販売4億$

米国発の世界最大規模の商戦「ブラックフライデー」に当たる23日、オーストラリアではオンラインを含む小売業界が一斉に大規模な値下げセールを行い、総売り上げの予測が4億豪ドル(約326億7,700万円)近くに上る大盛況となった。海外ブランドや米アマゾンの上陸が勢いに火をつけたもよう。従来の年末商戦であるボクシングデーの売り上げを超える日が近いとの見方も出ている。26日付シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

ブラックフライデーは2015年、海外小売企業がオーストラリア市場に参入し、地場で販促イベントを開始して以来勢いが増しているという。ビクトリア州メルボルンのセントラルショッピングセンターで地域部長を務めるダン氏によると、昨年のブラックフライデーと比較しショッピングセンターの客足は11%伸び、ボクシングデーと比較しても6%増だった。

また、オンラインショッピングの活用も増えており、ブラックフライデー・グローバルの調査によると、57%のオーストラリア人が今回のブラックフライデーでオンラインと実店舗の両方で買い物をするとした一方、37%がオンラインのみを利用すると回答していた。

電子商取引のプラットフォームを提供するビッグコマースの研究グループに所属するシム氏は「ブラックフライデーの人気は、オーストラリアの商戦における文化的な慣習をリセットするだろう」とし、「今後小売業界は、販売戦略について大規模な変更を強いられる」との見方を示している。

■クリスマス商戦、業界は楽観

オーストラリアの小売業界が、今年のクリスマス期間の売り上げに対し楽観的な見方を示している。エネルギー価格の高騰が圧力となっているものの、失業率が改善し、ガソリン価格が安定の兆しを見せていることから、オーストラリア小売業協会(ARA)は過去4年間のクリスマス商戦で最大の売り上げ成長を見込んでいるとした。

ARAは、11月14日~12月24日の小売業界の売り上げは、前年同期比2.9%増の515億豪ドルに上ると予測している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大同出資の豪生保企、個人向け保険販売へ(17:34)

WAの水素生産、日豪褐炭事業の競合に?(17:34)

ニューカッスル港の拡張、ボタニーが反対(17:34)

豪企業、マンダレーで金の採掘認可を申請(15:08)

テイクオフ:オージーにはお酒が好き…(02/18)

日豪褐炭水素計画に環境認可 2020年生産開始に向け前進(02/18)

〔政治スポットライト〕電力企統制法案、与党が総選挙の争点に(02/18)

トール、TAS州貨物拡張に3億$以上投資(02/18)

アダニ炭鉱にダメ出し、科学的評価の草案で(02/18)

豪インドネシア、IA―CEPAを3月締結(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン