• 印刷する

中国支援の鉄道整備、コンサル契約を締結

フィリピンの運輸省は17日、フィリピン国鉄(PNR)の南長距離プロジェクト(首都マニラ―ソルソゴン州マトノグ)のコンサルティング契約を中国鉄路設計集団(CRDC)、広州万安建設監理(WACC)と締結した。総額1,510億ペソ(約3,240億円)を投じ、総延長639キロメートルを整備する計画で、中国政府からの借款を充てる予定だ。

中国の習近平国家主席が、20日から2日間の予定でフィリピンを訪問するのに合わせ、契約を交わした。

同事業が完成すれば、マニラからルソン島南部ビコール地方の中心都市、アルバイ州レガスピまでの所要時間は、現在の13時間から半分以下の6時間に短縮されるという。

ドゥテルテ大統領は16年の中国訪問で総額90億米ドル(約1兆円)の政府開発援助(ODA)の約束を取り付けたものの、これまでに借款契約が結ばれたのはルソン島北部のチコ川かんがい揚水事業(6,209万米ドル)の1件にとどまる。地元各紙によると、ジョクノ予算管理相は14日、南長距離プロジェクトを含む、中国の支援で整備する大型インフラ事業の実施手続きが、習氏の訪問で加速することに期待を示した。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

イベント開催一部容認、安全対応も必要に(12/04)

20年GDP9.5%減に下げ 政府予測、コロナの影響深刻(12/04)

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

コロナ感染新たに1061人、計43万5413人(12/04)

10月の失業率8.7%、一段と改善(12/04)

マニラ首都圏、子どものモール入館認めず(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

外国商議所、今後10年で500億ドル投資(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン