比軍の5人死亡、イスラム過激派と交戦

【マニラ共同】フィリピン軍は17日、同国南部スルー諸島のホロ島パティクルで16日に軍とイスラム過激派アブサヤフが交戦し、少なくとも兵士5人が死亡、23人が負傷したと明らかにした。 軍によると、巡回中にアブサヤフの戦闘員約50人と遭遇し、約1時間半にわたり銃撃戦になった…

関連国・地域: ベトナムフィリピン
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営建設子会社、比の鉄道事業に応札へ(14:48)

首都郊外のコンテナデポ稼働率低迷、閉鎖も(14:59)

財閥SM、コリビング事業4800床に拡大(12:22)

クラーク工業団地、物流以外の企業も誘致へ(11:53)

テイクオフ:先日、フィリピンで初め…(06/17)

1Q経常赤字は12億ドル 6期連続赤字、対GDP比1.5%に(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

看護師「流出」懸念、予防策に賃上げ検討(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン