• 印刷する

下院議会、19年度予算案を可決

カンボジア下院議会は15日、2019年度(1~12月)予算案を可決した。歳出は前年比11.4%増の67億9,100万米ドル(約7,690億円)となり、過去最大を更新することになる。地元各紙が報じた。

オウン・ポンモニラット財務経済相は「経済成長率約7%を維持することを目標に据えた予算だ」と説明。「効果的な開発プロジェクトに予算を振り向け、戦略的に継続的な成長を目指す」と述べた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都の衛星都市開発進まず 韓国主導、資金難で業者逃亡(06/17)

トルコと首脳会談、貿易10億ドルに拡大へ(06/17)

証取委、香港系イースタンと人材開発で提携(06/17)

労働者はITの技術訓練強化を、首相(06/17)

中国政府、上院に63万ドル相当の寄贈(06/17)

広東でデング熱急増、前年の5.5倍(06/17)

フェイクニュース対策強化を 首相が訴え、報道規制に懸念も(06/14)

ミネベアミツミ、カンボジア法人に増資(06/14)

財務省、金融危機の対応に委員会を新設へ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン