【韓国会計】2018年度主要税法改定案

現在2018年度定期国会が開かれております。 本稿では、今回の定期国会より議決予定の税法のうち、外国法人の営業活動に影響を及ぼす主要な改定内容について簡単にご説明いたします。 1. 外国人投資に対する租税特例の縮小  現行の租税特例制限法により、外国人投資地域・経…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本産石炭灰は使わず、セメント協会が宣言(16:04)

日韓のあつれき、最大の経営リスクに(15:12)

テイクオフ:これまで盛んに行われた…(08/20)

韓国主要企業が軒並み減益 米中摩擦の影響拡大、先行き懸念(08/20)

現代自の中国販売、インド市場の水準に低下(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(08/20)

アップル、韓国で32万人の雇用創出(08/20)

LGディスプレー、上期R&Dが過去最大(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン