• 印刷する

三谷産業がハノイでフェア開催、140人参加

三谷産業(金沢市)は14日、ハノイで「オレオ(Aureole)フェア2018」を開催した。同社がベトナムで展開する事業についてPRし、新しいビジネス創造の機会をつくるとともに、参加企業に情報収集の場を提供することを目的に開催しており、取引企業の関係者ら140人余りが参加した。

基調講演でベトナム進出時からの出来事や自らのエピソードを語る三谷産業の三谷会長=14日、ハノイ

基調講演でベトナム進出時からの出来事や自らのエピソードを語る三谷産業の三谷会長=14日、ハノイ

「Aureole」は三谷産業のベトナムでのグループ名で、フランス語で「栄光」を意味する。今回のフェアでは、料亭を経営する銭屋(金沢市)の高木慎一朗代表が「世界の名物 日本料理」、三谷産業の三谷充会長が「ベトナム進出25年を迎えて、そしてこれから」をテーマに講演。展示ブースも設け、三谷産業がベトナムに有する子会社や取引のある企業が出展した。

三谷会長は、同社が来年にベトナム進出25周年を迎えるのに先立ち、進出に至った経緯や事業展開、ベトナム人従業員との関わりなどについて自らの経験を交えながら語った。ベトナム政府は、組立工場の誘致に注力し、雇用の創出・拡大を実現したことに言及。ただ、日本の製造業が多くの中小企業によって支えられているのとは対照的に、ベトナムは海外から部品を取り寄せる「中抜け」の状態にあると指摘した。日本では、後継者や従業員の不足により存続の危機に瀕(ひん)し、海外進出も難しい有能な中小企業が多いとし、日越が一体となって、これらの企業のベトナム進出を支援していく必要があるとの考えを示した。

三谷産業は1994年にベトナムで事業を開始。国内に8社を有し、ベトナム関連事業の従業員は今年3月末時点で3,927人となっている。2017年度の連結売上高808億円のうち、ベトナム関連事業の売上高は207億円に上った。

同社は、11年からオレオフェア、15年から「オレオカンファレンス」をホーチミン市とハノイで毎年交互に開催している。今回ハノイで開かれたフェアは8回目。9月には、ホーチミン市で4回目となるカンファレンスを開催した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】エースコック、市況の変化注視 消費の新形態に着目、生活密着へ(08/14)

感染者905人、死者も増加し20人に(08/14)

不動産投資クリード、アンギア株を一部売却(08/14)

二大都市の工業団地、2Qにリース料金上昇(08/14)

ビンG、ゲアン省でショップハウス開発へ(08/14)

韓電の越発電所開発、サムスンなど参加検討(08/14)

ペトロリメックス、自己株1300万株売却へ(08/14)

韓国の建材製造、越中部に床材工場が完成(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン