• 印刷する

サムスン、新型AP「エクシノス9」公開

韓国のサムスン電子は14日、新型のスマートフォン向けモバイルAP「エクシノス9」を公表した。最新の技術を盛り込み、人工知能(AI)やグラフィック処理能力、消費電力を大幅に改善した。年内に生産を開始し、来年発売する新型スマホに搭載する計画だ。

同社によると、エクシノス9はAI専用のプロセッサーであるNPU(ニュートラル・ネットワーク・ユニット)を搭載し、既存の製品に比べて人工知能の性能を約7倍引き上げた。また、最新のグラフィックプロセッサーを採用することでグラフィック処理能力は約40%向上。加えて、電力消費量は約35%改善されている。

また、業界で初めて8つの周波数帯域を束ねたLTE技術(8CA LTE)を採用し、最速で1秒当たり2ギガバイト(GB)のデータを送受信できるようになった。

人工知能(AI)やグラフィック処理能力などを大幅に改善した新型「エクシノス9」(サムスン電子提供)

人工知能(AI)やグラフィック処理能力などを大幅に改善した新型「エクシノス9」(サムスン電子提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

SK、組み電線市場に進出 エンプラ活用で7割軽量化(18:01)

サムスン・LG、テレビの新モデル発売(18:06)

LG高級家電ブランド、初のエアコン(18:37)

大韓海運がLNGを海上で供給、年内にも(18:15)

SKがアトピー治療剤を商用化へ、来年めど(16:16)

セルトリオン、肥大型心筋症薬を日本で販売(17:12)

北部の鉄道改修で韓国融資 ミッチーナまでの難所2区間(03/26)

テイクオフ:平日昼間にソウルの地下…(03/26)

小田急がソウルに直営ホテル 20年5月開業、観光需要取り込む(03/26)

現代自、FCVの増産計画を1年前倒し(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン