• 印刷する

レバランは9連休、来年の公休日を発表

インドネシア政府は13日、2019年の公休日(国民の祝日)と有給休暇一斉消化日を発表した。

ルクマン宗教相、ハニフ労相、シャフルディン国家機関強化・官僚改革相の3者が、今月2日に署名した共同通達で決定した。

来年の公休日は計16日。イスラム教の断食明け大祭(レバラン)は6月5~6日に設定した。レバラン連休は、前後の有給休暇一斉消化日3日間と、土日曜日を合わせると9連休となる。

有給休暇一斉消化日は、レバラン前後の3日間と、12月24日(クリスマスイブ)の計4日。

日曜日と重なる公休日は、5月19日(ブッダ生誕祭)、8月11日(犠牲祭)、9月1日(ヒジュラ正月)の3日。いずれも振替休日はない。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアのIPO活況、下期も継続(19:41)

不動産ジャバベカ、3.5億米ドルを起債へ(21:33)

テイクオフ:東京五輪の開会式が無観…(07/26)

【この人に聞く】伝統バティックをデジタル化 バティック・フラクタル(07/26)

「レベル4」8月2日まで、制限は一部緩和(07/26)

自主隔離中の死者、首都2カ月で1215人(07/26)

25日新規感染3.8万人、死者数は依然多く(07/26)

首都ワクチン1回目700万人超、目標の80%(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン