• 印刷する

首都空港第4ターミナル、近く設計入札

インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)2は7日、首都ジャカルタの空の玄関口、スカルノ・ハッタ国際空港に新設する第4ターミナルについて、設計入札を開始すると明らかにした。2021年に着工、25年の完工を予定している。8日付コンタンなどが伝えた。

AP2のムハンマド社長によると、スカルノ・ハッタ国際空港は年間6,000万人以上の旅客が利用する。第4ターミナルが稼働すれば、旅客取り扱い能力は1億1,000万人に拡大できるという。「首都空港の利用者数は急速に増えており、第4ターミナルの開発を急ぐ」と述べた。

ムハンマド社長は今後の計画について、まずはコンサルタントを選定し、その後基本設計や詳細設計を進めると説明。設計入札の開始時期については現段階で明らかにしていない。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

石油ガス鉱区の調査データ、無料化を検討(11/16)

預金準備率を引き上げ、金融引き締め強化(11/16)

フェルダ、中国先物取引を支援 パーム油で大連商品交易所と覚書(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

日本製工業品の海外展開支援 東京センチュリー、補助制度活用(11/16)

カラワン、最低賃金上昇で企業21社が移転へ(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

10月の四輪新車販売、12%増の10.6万台に(11/16)

〔政治スポットライト〕豪首相、サミットで外交問題打開目指す(11/16)

二輪車輸出台数、10月は74%増の7.2万台(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン