• 印刷する

テイクオフ:7日の灯明祭(ディワリ…

7日の灯明祭(ディワリ)を前に法人契約しているドライバーの派遣会社からプレゼントをいただいた。日本で言えばお歳暮といったところ。アルコールに厳しいお国柄にもかかわらず、ワインやつまみのナッツなど日本人が好みそうな品々がバスケットに詰められていた。

一方、当のドライバーはいつもと変わらずハンドルを握る。北部の州から単身赴任しているという彼。家族に会うために帰省しないのか尋ねると、「仕事だから」と即答しつつも、経営学修士(MBA)を取得した長男が来年からデリー首都圏で働き始める予定と身の上話を始める。そろそろ楽できるねと促したが、「まだ次男が大学生だから」と表情を崩さなかった。

約30年にわたり、運転技術を頼りに2人の子どもを育て上げてきた。一人でディワリを迎えた彼の背中に孤独感は全く見られない。むしろ誇らしげだ。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド経済に関するデー…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

法人減税で民間投資の促進へ 1.5兆ルピー規模、財政悪化の懸念も(09/23)

南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初(09/23)

エーザイ、抗がん剤の販売で米マイランと提携(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

日通が地場同業に22%出資、国内物流を拡大(09/23)

国道公団、用地未取得の事業打ち切りへ(09/23)

マルチスズキ、祭事期に小型SUV投入(09/23)

タタ、5車種で装備充実の「プロ」仕様導入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン