• 印刷する

テイクオフ:朝、MRT(地下鉄・高…

朝、MRT(地下鉄・高架鉄道)駅の改札をくぐると、どこからかピアノの調べが聞こえてきた。環境音楽といった感じの曲調で、特に耳をそばだてるでもないが、心なしかラッシュ時の慌ただしい雰囲気が和らぐ気がした。

実はこれ、シンガポールの公共交通運営大手SMRTが9月から一部の駅で通勤ストレス軽減に試験導入していたもの。今後、導入駅を広げていく計画で、このほど自宅の最寄り駅などにも取り入れられたらしい。日本の通勤ラッシュと比べれば混雑はさほどひどくないとはいえ、やはりストレスはある。試験導入では効果を疑う声も聞かれたものの、おおむね好評だったようだ。

日本では、多くの駅で発車時のベルの代わりに楽曲のメロディーが流れるようになって久しい。音楽が人の心にもたらす効用は科学的にも証明されている。生活の中で、もっと有効に活用されることを期待したい。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

MBSの1Q決算、カジノ不振で2桁減益(16:01)

車両購入権の割り当て、5~7月は3%減(13:42)

テイクオフ:2016年に世界的にヒ…(04/18)

輸出が2年半ぶりの下げ幅 3月12%減、半導体業界不振で(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

小売ドンキ、海外空港に初出店(04/18)

ネットワン、地場企業を地域戦略子会社に(04/18)

米IBM、メインフレーム製造をNYに移管(04/18)

アジアの通信環境、シンガポールが首位(04/18)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン