• 印刷する

ビジネス環境ランク、3年連続で世界2位

世界銀行が10月31日発表した2019年版「ビジネス環境ランキング」で、シンガポールは3年連続で世界2位となった。

ランキングは世界190カ国・地域を対象に起業のしやすさなどをまとめたもので、世銀と傘下の国際金融公社(IFC)が毎年発表。「事業の立ち上げ」「建設許可の取得」「電力供給」「不動産登記」など10項目の指標を総合して評価する。

シンガポールは「契約履行」で、前年の2位から1位に浮上。「事業の立ち上げ」でも6位から3位に躍進した。ただ「少数株主の保護」では4位から7位に後退。このほか「建設許可の取得」と「納税」で8位に付けた。「貿易」は45位、「資金調達」は32位と比較的評価が低い。

総合首位は引き続きニュージーランド。3位はデンマーク、4位は香港、5位は韓国だった。米国は8位。日本は39位で、前年から5つ順位を落とした。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

10月新規車両登録は2%増 前月から伸び減速、乗用車が不振(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

ICMG、地場社と起業支援事業で提携(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

3カ国の大手銀、イノベーション拠点を開設(11/16)

金融庁、サンドボックス認可までの期間を短縮(11/16)

地場T&T、シンガ社と物流センター設置(11/16)

金融庁、非上場企業向けファンドを設立(11/16)

株価反発、キャピタランドは1.3%高(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン