• 印刷する

ビジネス環境ランク、3年連続で世界2位

世界銀行が10月31日発表した2019年版「ビジネス環境ランキング」で、シンガポールは3年連続で世界2位となった。

ランキングは世界190カ国・地域を対象に起業のしやすさなどをまとめたもので、世銀と傘下の国際金融公社(IFC)が毎年発表。「事業の立ち上げ」「建設許可の取得」「電力供給」「不動産登記」など10項目の指標を総合して評価する。

シンガポールは「契約履行」で、前年の2位から1位に浮上。「事業の立ち上げ」でも6位から3位に躍進した。ただ「少数株主の保護」では4位から7位に後退。このほか「建設許可の取得」と「納税」で8位に付けた。「貿易」は45位、「資金調達」は32位と比較的評価が低い。

総合首位は引き続きニュージーランド。3位はデンマーク、4位は香港、5位は韓国だった。米国は8位。日本は39位で、前年から5つ順位を落とした。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華系シンガポール人の…(08/13)

小売店舗賃料さらに下落へ 繁華街は最大2割、閉店増で(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

建設工事の規制緩和、労働者の作業再開で(08/13)

屋台街・生鮮市場の3割、電子決済導入(08/13)

新規生命保険料収入、1~6月期は13%減(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

投資テマセク、独バイエルと野菜工場で合弁(08/13)

製油業界に復調の兆し、7月は3社フル操業(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン