• 印刷する

ビジネス環境ランク、3年連続で世界2位

世界銀行が10月31日発表した2019年版「ビジネス環境ランキング」で、シンガポールは3年連続で世界2位となった。

ランキングは世界190カ国・地域を対象に起業のしやすさなどをまとめたもので、世銀と傘下の国際金融公社(IFC)が毎年発表。「事業の立ち上げ」「建設許可の取得」「電力供給」「不動産登記」など10項目の指標を総合して評価する。

シンガポールは「契約履行」で、前年の2位から1位に浮上。「事業の立ち上げ」でも6位から3位に躍進した。ただ「少数株主の保護」では4位から7位に後退。このほか「建設許可の取得」と「納税」で8位に付けた。「貿易」は45位、「資金調達」は32位と比較的評価が低い。

総合首位は引き続きニュージーランド。3位はデンマーク、4位は香港、5位は韓国だった。米国は8位。日本は39位で、前年から5つ順位を落とした。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(15:08)

新型コロナウイルス、4人目の感染確認(09:50)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(09:50)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

アプサラ油田、3月までの生産開始を視野(01/27)

シンガポール企業が電動スクーター生産計画(01/27)

ハイソー、食品配達事業拡大へ資金調達(01/27)

12月インフレ率0.8%、運輸上昇 19年通年は3年連続プラス(01/24)

シンガポールでも新型肺炎、武漢市の中国人男性(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン