【片倉佳史の台湾探訪】よみがえった陸軍官邸~孫立人将軍官邸

第15回 福州街と南昌路の交差点に建つ和洋折衷の美しい建物。ここは1907(明治40)年に台湾総督府の土木局水道課長の公邸として建てられた歴史建築である。 設計を担当したのは、台湾総督府の技師・森山松之助。その後、1919(大正8)年からは台湾軍司令官の公邸として使用さ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あなた、外国人でしょ…(12/17)

パナソニックが住設事業を強化 台湾で30年に売上高8.4億元目標(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

台湾パネル初、中華映管が会社更生手続きへ(12/17)

太陽電池の緑能、経済部に債務処理を要請(12/17)

ASUSのスマホ不振、4Qは赤字転落も(12/17)

和碩、10億ドルでインドネシアに工場建設(12/17)

アップルアナリスト、iPhone出荷再下方修正(12/17)

米台商業協会会長、「華為製品のリスク判断を」(12/17)

パネルの凌巨、中国子会社の株式を売却(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン