• 印刷する

男性喫煙率45%と依然高く=WHO調べ

ベトナムは世界で最も喫煙者の多い15カ国の一つで、男性の喫煙率が45.3%に上ることが、世界保健機関(WHO)が実施した世界成人喫煙調査(GATS)でわかった。ベトナムでは2016年に、たばこの購入に31兆ドン(13億3,000万米ドル、約1,500億円)が支出されたとされる。29日付トイバオキンテー電子版が報じた。

喫煙関連の病気25種類のうち、肺がん、呼吸器疾患など5種類の病気にかかることによる治療費や、これにより死亡するか労働能力を喪失することによる損失額は年間24兆ドンに上る。喫煙関連の疾患で死亡する人は年間4万人を超えるとされた。

保健省のルオン・ゴック・クエ診療管理局長によると、国内の成人男性の喫煙率は以前に比べて低下したもののまだ高い水準にあり、レストランなど公共の場所での受動喫煙の機会も多いという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

大衆富裕層、30年には16%に 拡大する高額商品市場狙う企業も(03/26)

ホンダとスズキ、18年二輪市場の拡大けん引(03/26)

農林中央金庫、商銀大手BDOと業務提携(03/26)

ビンFの電動スクーター、ダナンに販売店(03/26)

HCM市メトロ、開通は21年=市人民委員会(03/26)

ベトナム航空、韓国路線に最新機導入へ(03/26)

シンガ企業、ゲアン省で港湾開発など計画(03/26)

VASCO、HCM市発のフライト欠航(03/26)

機能性繊維の興采、越に一貫工場建設へ(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン