• 印刷する

クラチエ州、違法金採掘6件を摘発

カンボジア東部クラチエ州当局は、同州サンボー郡で金の違法採掘を取り締まり、採掘現場6カ所を摘発した。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

取り締まりは、鉱業・エネルギー局、警察、軍警察の合同作戦で実施。採掘現場6カ所を破壊した。違法採掘は1980年代から続いていた。

ソック・キリラット局長は「これまで何度も複数の現場を閉鎖しているが、違法採掘は続いている」と述べた。「採掘現場から吹き出すガスで多くの作業員が犠牲になっている。非常に危険だ」と話した。

北部モンドルキリ州では5月、約30カ所の採掘現場が閉鎖された。金鉱山から河川に流れ出た汚染物質の影響で、下流の住民13人が中毒死した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】成長支える日本の「信頼」 ゆがむ成長(5)面で捉え商機に(06/25)

商業省、南部特区は「税回避地でない」(06/25)

独VW、SUVの新モデルを投入(06/25)

倒壊ビルの死者は28人に、首相が現場着(06/25)

シアヌークビル州に新知事、ビル倒壊受け(06/25)

ビル倒壊で日本料理店被害、家族3人軽傷(06/25)

人身売買の監視国に格下げ、米の評価に反発(06/25)

元記者2人の保釈条件撤廃請求、高裁が棄却(06/25)

【後発国の挑戦】中国、救世主か侵略者か ゆがむ成長(4)揺れる主権(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン