KTが燃料電池発電に参入、設備の商業運転

韓国通信大手のKTが水素をエネルギーとして利用する燃料電池発電事業に進出する。江原道平昌郡に100キロワット(kW)の発電設備の商業運転をこのほど開始。分散電源として地域にクリーンで安定的な電力を供給する。 年間発電量は876メガワット時(MWh)。発電した熱エネル…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

リコー、韓国のX線検査装置企業と合弁(17:08)

LG電子、レストラン向けにロボット開発へ(17:08)

SK、中国半導体工場の増設が完了(17:08)

テイクオフ:「ヘウェジックすればい…(04/18)

現代・起亜、中国で挽回探る モーターショーで新車を一挙公開(04/18)

アシアナ売却、産業銀会長「年内に完了」(04/18)

3月輸出額8.2%減、半導体鈍化で=確定値(04/18)

消費傾向、大気汚染の報道量で変化(04/18)

データ改ざん発覚、大気汚染物質の排出濃度(04/18)

若年層向け就職活動支援金、約5万人が申請(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン