• 印刷する

健康、教育分野の新興企業に投資=TVP

ミャンマー最大都市ヤンゴンを拠点とする日系投資会社トラスト・ベンチャー・パートナーズ(TVP)は、新興ベンチャーとして事業を拡大しているフィットネス予約アプリ「フレキシブル・パス」、家庭教師予約アプリ「MMテューターズ」の2社に新規投資を行った。

「フレキシブル・パス」は、TVP、ミャンマーの新興企業への投資を専門とするシンガポールのベンチャーキャピタル(VC)シード・ミャンマー、ミャンマーやベトナム、シンガポールのIT新興企業への投資を専門とするベトナムのVCファンド、ネストテックの計3社から資金を調達した。具体的な金額は明らかにしていないが、数十万米ドル(数千万円)規模。サービス提供地域の拡大と、サービスの種類の拡充に使用する。

フレキシブル・パスは、ヤンゴンのジムやフィットネスセンター、ホテルなど80カ所以上と提携。アプリで、提携施設のヨガや水泳、ボクシングなど19分野のフィットネスクラスを予約できる。2017年6月のサービス開始以降、利用者は1,000人を超え、予約件数は累計で1万件以上に達した。19年には第2の都市マンダレーでのサービス開始のほか、マッサージやスパなど美容分野への参入を計画している。

「MMテューターズ」は、公的教育が十分でないと考える家庭が多い実態に着目し、家庭教師を予約できるプラットフォームを構築。教師それぞれの評価が分かり、成績が上がったなどの効果も保護者と共有して可視化することで、信頼を獲得しているという。現在、同アプリに登録する大学生、教師は約800人。シード・ミャンマーとTVPが主体となり、数万米ドル規模の投資を行った。

■パンディヤーから誕生

ミャンマーでは2016年、ヤンゴンの情報通信技術(ICT)起業家支援組織パンディヤーが、米カリフォルニア州シリコンバレーを拠点とするファウンダー・インスティチュート(FI)のヤンゴン校を開校した。以後、FIのカリキュラムを学んだ若者による新興企業が複数誕生しており、フレキシブル・パスとMMテューターも含まれる。TVPの後藤信介代表は今回の投資について「教育、健康などの分野で新たに生まれる課題に一石を投じている企業として、出資を決めた」と話している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: IT・通信メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ帰還で支援を 首脳会議でスー・チー氏が要請(11:53)

ヤンゴンの小売スペース拡大 新規参入増で賃料上昇予測(11/14)

新省の名称、投資・対外経済関係省に(11/14)

スー・チー氏、シンガで投資呼び掛け(11/14)

スー・チー氏を非難 マハティール氏(11/14)

スー・チー氏の人権賞撤回、アムネスティ(11/14)

タイPTTEP、ガス輸送管の交換を計画(11/14)

テレノール、訪日旅行者向けサービス開始(11/14)

パラミ、シャン州でLPG共同調理場を開設(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン