中華航空、整備業務の売上高比重40%に拡大へ

航空台湾最大手、中華航空(チャイナエアライン)の何煖軒董事長は17日、航空機の整備や電子商取引(EC)などの事業を拡大し、経営多角化を推進する方針を明らかにした。同社の売上高は現在、全体の90%を輸送事業が占めているが、整備事業の売上高を現在の約10%から向こう5…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

台北電脳公会、5Gの垂直応用連盟発足(12:44)

テイクオフ:台湾の中秋節といえば焼…(09/17)

【業界探訪】訪日台湾人、今年500万人へ 雄獅旅行社の游国珍総経理に聞く(09/17)

1~7月の光学レンズ輸出額、初の日本超え(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

聯発科技、20年に5Gチップ6000万出荷へ(09/17)

二輪車の貨物税、125cc以下は減税5000元(09/17)

卜蜂が飲食業参入、台中にフライドチキン店(09/17)

〔政治スポットライト〕豪首相、13年ぶりに米国公式訪問(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン