中華航空、整備業務の売上高比重40%に拡大へ

航空台湾最大手、中華航空(チャイナエアライン)の何煖軒董事長は17日、航空機の整備や電子商取引(EC)などの事業を拡大し、経営多角化を推進する方針を明らかにした。同社の売上高は現在、全体の90%を輸送事業が占めているが、整備事業の売上高を現在の約10%から向こう5…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

多結晶シリコンの宝徳電化、破産を申請へ(12:42)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:台湾のハイテク産業の充…(02/27)

【肖像】台湾初の無人縫製工場 意創坊国際の陳志軒董事長(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

国巨、「在庫日数が過去10年で最低に」(02/27)

台湾の美隆工業、中国工場をスバン県に移転(02/27)

中鴻、鋼材価格を3カ月連続引き上げ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン