水銀ランプの生産終了へ、パナが水俣条約に対応

【共同】パナソニックは17日、2020年6月末で水銀ランプの生産を終了すると発表した。明るさが強いため体育館や倉庫の照明、投光器、街路灯に使われているが、水銀による環境汚染や健康被害の防止を目指す「水銀に関する水俣条約」で21年から製造と輸出入が禁止されることに対応し…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】11月1日~11月7日(11/19)

テイクオフ:北京―上海高速鉄道には…(11/19)

ATP「切」でも自動で減速 19年末に導入、台鉄が事故防止策(11/19)

千葉・三重知事が県産品をPR 農産物出荷拡大、かき輸出目指す(11/19)

ヤンゴン空港、500万人目は全日空機で到着(11/19)

【予定】19日 10月貿易統計ほか(11/19)

エコカーで攻める日系 広州MS、世界初公開車も(11/19)

APECで初、首脳宣言なし 米中対立による調整難航で(11/19)

西鉄がクラークに営業拠点、国内3カ所目(11/19)

【人事】扶桑電通社長に有冨英治氏ほか(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン