• 印刷する

ユーロチャム、経済制裁に反対表明

在カンボジア欧州商工会議所(ユーロチャム)は15日、欧州連合(EU)がカンボジアへの事実上の経済制裁の手続きに着手したことについて反対を表明した。EUは慎重な判断を下すべきと強調している。

ユーロチャムは「民間企業の代表として、カンボジアの発展に大きく貢献してきた」と説明。経済制裁に踏み切れば長期的に悪影響がおよび、在カンボジアのEU企業に大きな脅威となると警鐘を鳴らした。長年の貿易促進への取り組みも台無しとなり、中国の影響力が拡大するとの懸念も示した。

一方、EUがカンボジア政府による野党弾圧や人権侵害などに懸念を示していることは理解しているとも説明。制裁ではなく、協力の中で改善を促すべきだと主張した。ユーロチャムはEUに対し、18~19日にベルギーのブリュッセルで開催されるアジア欧州会議(ASEM)首脳会議で、カンボジアの現状を説明するための協議を希望している。

欧州委員会は5日、野党弾圧や人権侵害を理由に、カンボジアへの関税優遇措置の停止を検討していると発表した。同日、カンボジア側に停止に向けた手続きに着手したと伝達した。

カンボジアのユーロチャムの会員企業は335社に上り、5万人以上の雇用を創出している。


関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

上場企業に新税優遇措置 免税対象拡大、経済活性化に弾み(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

縫製・製靴工場の8割、月2回賃金開始(01/18)

18年の工場新設、19%増の178件=工業省(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

スバイリエンの靴工場で休業補償求め抗議(01/18)

独BASFが子会社、販路開拓へ(01/18)

シアヌークビル、ゴミ回収車など増強(01/18)

覚醒剤3.3キロ密輸疑い、男を告発(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン