• 印刷する

全日空、11月12日に首都空港ターミナル移転

全日本空輸(ANA)は16日、11月12日からインドネシアの首都ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港の発着場所を、現在の第2ターミナルから第3ターミナルに移転すると発表した。

第3ターミナルを利用する第1便は、日本からは11日午後10時55分(日本時間)に羽田を出発し、ジャカルタに翌朝到着するNH871便。インドネシアからは12日午前6時20分(インドネシア西部時間)にジャカルタを出発する成田行きNH836便。

第2ターミナルを利用する最後の便は、11日午前10時20分(日本時間)羽田発ジャカルタ行きのNH855便と、同日午後9時45分(インドネシア西部時間)ジャカルタ発羽田行きのNH856便となる。

ANAのジャカルタ―東京路線は毎日3便を運航している。羽田路線が2便、成田路線が1便となっている。

日本航空(JAL)も今月26日に第3ターミナルに移転することが決まっている。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

プンディエックス、国際事業本部を開設(11/20)

中部発電、インドネシアの水力発電所新設(11/20)

アスコット、隣国不動産大手チプトラと提携(11/20)

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン