• 印刷する

英国、木材産業の支援を中止=難民問題で

ミャンマーの国営林業会社ミャンマー・ティンバー・エンタープライズ(MTE)は、英国国際開発省(DFID)から受けていた木材産業に対する資金援助が、11月末で打ち切られることになったと明らかにした。西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民問題が原因という。フロンティアミャンマー(電子版)が14日伝えた。

MTE幹部のキン・マウン・チー氏は「8月にDFIDから支援中止の書面を受け取った。理由として、ラカイン問題を明記してあった」と述べた。DFIDは、ミャンマーでの支援対象を「経済・社会の発展から疎外された人々」に向ける方針を示している。

ミャンマーは2015年から、欧州連合(EU)に輸入される木材が合法的に伐採されたことを示す「森林法施行・ガバナンス・貿易(FLEGT)」認証を取得し、さらに自主的二者間協定(VPA)パートナーになることを目指して準備を進めていた。DFIDは今回、この取り組みに対する支援を打ち切った。

ラカイン問題がミャンマーの木材産業に与える直接の影響は限定的とみられるものの、ミャンマー森林認証委員会(MFCC)の関係者は「EUとVPAを結べないのは、長期的には打撃だ」と語った。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 農林・水産政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中銀が無担保ローン認可 利率16%、焦げ付き増える懸念も(01/17)

10~12月貿易額、赤字9.5億ドルに縮小(01/17)

投資サミット、首都で28~29日に開催(01/17)

マンダレー、昨年の火災被害額は3千万円超(01/17)

政府、安全基準満たすヘルメットを輸入へ(01/17)

工業省、電気自動車の生産を奨励(01/17)

ミャンマー、雲南省2カ所でビザセンター(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

国連など、ラカイン州への支援許可を要請(01/17)

ロヒンギャ解決の糸口見つけたい、阿部副大臣(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン