本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に

中国本土の人工知能(AI)開発企業、上海智臻智能網絡科技(小i機器人)の創業者、袁輝・董事長はこのほど、香港を東南アジアでの事業展開に向けた拠点とする方針を明らかにした。信報などが伝えた。 同社は中核技術である自然言語処理を使い、銀行などを対象にカスタマーサー…

関連国・地域: 中国香港ASEAN
関連業種: 金融IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:新界北部・上水の女子刑…(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

生活雇用支援へ歳出2割増 来年度予算案、赤字は過去最大に(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

20年成長率、下限はマイナス1.5%=政府予測(02/27)

国際クール便の再開未定に、ヤマト運輸(02/27)

2月の輸出、さらに悪化の見方も(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン