本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に

中国本土の人工知能(AI)開発企業、上海智臻智能網絡科技(小i機器人)の創業者、袁輝・董事長はこのほど、香港を東南アジアでの事業展開に向けた拠点とする方針を明らかにした。信報などが伝えた。 同社は中核技術である自然言語処理を使い、銀行などを対象にカスタマーサー…

関連国・地域: 中国香港ASEAN
関連業種: 金融IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

宝飾2社の1~3月期、改善進む(14:39)

テイクオフ:「英会話ができたらいい…(04/18)

富裕層が過去最高人数に 人口の9%、住宅が主力資産(04/18)

預金で資産形成、中間層の6割=調査(04/18)

香港企業は自社製品開発を、輸出商会会長(04/18)

3月の訪日香港人は2桁減、連休のずれで(04/18)

訪日香港人の1Q旅行支出、16万円に(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

怡和飲食がデジタル化加速、投資額3倍に(04/18)

MPFファンド、運用手数料に引き下げ余地(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン