本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に

中国本土の人工知能(AI)開発企業、上海智臻智能網絡科技(小i機器人)の創業者、袁輝・董事長はこのほど、香港を東南アジアでの事業展開に向けた拠点とする方針を明らかにした。信報などが伝えた。 同社は中核技術である自然言語処理を使い、銀行などを対象にカスタマーサー…

関連国・地域: 中国香港ASEAN
関連業種: 金融IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

HKT、ウエスタンユニオンと送金で提携(18:38)

18歳未満へ酒類販売を禁止、今月末から(18:59)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

遊園地の茘園、提携で成都にゴーカート場(11/15)

香港美容見本市、日本の高い技術力をPR(11/15)

ソファ製造の敏華、ベトナム工場を拡張へ(11/15)

仮想銀の免許発給、来年1Qにずれ込みか(11/15)

東亜銀会長、「フィンテックに注力」(11/15)

反落、相場支える材料なく=香港株式(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン